薬剤師は40代の人でも未経験の仕事の求人を選べるのか

薬剤師1

未経験の職場で働きたいというときには若くないと難しいことが一般的に知られています。40代になるとなかなか未経験の人は受け入れてくれない現場が多いですが、薬剤師の場合にも同じような状況があるのでしょうか。

薬剤師の求人には40代でも未経験で応募できるものがあるのかを詳しく紹介するので、就職や転職の参考にしましょう。

未経験の種類についてよく考えよう

薬剤師10

薬剤師が未経験の仕事をしたいというときには、どういう意味で未経験という言葉を使っているのかをよく考えてみましょう。一番経験がないと言えるのは、薬剤師の資格は取得したけれど社会で働いた経験がない人です。これは社会人未経験という扱いになります。

次に経験がないのは薬剤師の資格は持っているけれど薬剤師として仕事はしたことがない人です。薬剤師業務未経験の人と分類できるでしょう。薬剤師としての資格を生かして働いたことがあるという人の場合にも業務内容が未経験の場合もあります。

例えば、OTC販売のドラッグストアで働いていたから調剤は未経験、病院で働いていて管理薬剤師は未経験などといったパターンも考えられるでしょう。この場合には特定の業務について未経験の人と考えることができます。

あるいは特定の職場についても未経験という分類をすることも可能で、ドラッグストアでは働いたことがあるけれど病院で働いたことはないというパターンが考えられるでしょう。このようにどのレベルで未経験なのかによって40代で未経験の求人を選べるかどうかには大きな違いがあります。

典型的なパターンを挙げて状況を確認していきましょう。

調剤未経験で転職したいケース

未経験で働きたいという薬剤師によくあるのが調剤未経験のケースです。OTCのドラッグストアで働いていた、製薬企業で開発職やMR職などをしていた、物流業者や卸業者で管理薬剤師として仕事をしていたというのがよくあるパターンです。

この状況から調剤薬局や調剤併設型のドラッグストア、病院で働きたいと考えると40代でも大丈夫なのでしょうか。現状としては調剤薬局や調剤併設型のドラッグストアであれば転職できる可能性があります。調剤薬局では薬剤師の不足を解消するのが大きな課題となっている現場が多く、調剤経験がない人でも現場で育てていることが多くなっています。

40代でも意欲がある人であれば受け入れていることも少なくありません。ドラッグストアについては調剤経験がないと採用しないという求人もたくさんあります。ただ、それでは人材が足りないケースもあり、複数の薬剤師を常駐させてようとしているドラッグストアではOJTでの教育が可能なので未経験者も募集しています。

40代となると厳しいのは確かですが、薬剤師の確保が急務になっている現場であれば採用してくれる可能性もあるでしょう。調剤薬局に比べると敷居が高いので注意は必要です。一方、病院では長期的に働く若手を求める傾向が強く、人材不足もそれほど顕著ではないのでかなり難しいのが実態です。

せめて医療現場で働いた経験がないと採用してもらうのは難しいでしょう。

職場未経験で転職したいケース

薬剤師16

職場未経験で転職したいというのも40代になるとよくあるケースです。病院で働いていたけれど夜勤がきつくなってきてしまったから調剤薬局に転職したい、調剤薬局でのスピーディーな調剤に対応しきれなくなってきてしまったからドラッグストアで働きたいなどといった例があります。

このようなケースでは調剤スキルを生かすことができるので40代でも歓迎される場合がほとんどです。病院や調剤薬局で身につけてきたノウハウはドラッグストアでは特に歓迎されることが多いので有利な立場になれます。

ドラッグストアでOTCしか扱ってこなかったから調剤は未経験という場合には病院への転職は厳しいですが、調剤薬局であれば前述のように可能性があります。調剤薬局やドラッグストアで働いていた人が企業で働きたいと考えることも多くなってきました。

ただ、これはかなり難しいのが実態で、企業では若手を採用して育てるか、即戦力を求めるというのが基本になっています。例外的に可能性があるのが工場や倉庫での管理薬剤師の求人です。工場や倉庫での品質管理を主体とする業務は年齢を問わずに薬剤師の資格さえあれば大抵の人ができる業務になっています。

そのため、40代でもすぐに働き始めてくれるなら雇用しようと考えてくれることがあるのです。ただ、若手が同時に応募してくると不利になることは否めません。

(工場の管理薬剤師の求人を選ぶメリットと探し方のコツ)

薬剤師業務未経験で薬剤師として働きたいケース

薬剤師業務未経験という人の場合には基本的には業務未経験で職場も未経験という考え方で判断するのが良いでしょう。調剤薬局ではやはり意欲があれば採用してもらえる可能性があります。医療の知識が完全に欠けてしまっているとかなり厳しくなるのは確かなので、勉強をして面接できちんと受け答えをできるようにしておくことは必須です。

ドラッグストアでもOTC専門のところなら40代でも採用してくれることはあります。病院や製薬企業では採用されることはほとんどありませんが、工場や倉庫の管理薬剤師なら採用してもらえる可能性があるので挑戦してみましょう。

社会人未経験で就職したいケース

社会人未経験という人の場合にはかなり敷居が高くなってしまって採用してもらうのが難しくなりがちです。

薬剤師の資格を取ってからずっと専業主婦をしていて40代まで仕事をしたことが一切ないという場合には、本当に雇っても大丈夫なのかというのが懸念されてしまいがちです。ただ、正社員として働いたことはないけれどパートで調剤薬局で働いたことがあるといったケースでは歓迎されます。

アルバイトやパートは一般的には社会人経験として認められず、職歴に記載することは認められません。しかし、薬剤師の場合にはアルバイトやパートでも貴重な現場経験として加味してもらえるので、アルバイトやパートで働いたことがある場合には採用してもらえる可能性があります。

未経験の意味に応じて考えよう

薬剤師の場合には未経験の意味について分類して考えるのが大切で、40代でも新しい仕事に挑戦できるかどうかに大きな影響を及ぼします。社会人未経験でもパートで働いたことがあれば就職できる可能性がありますが、調剤未経験で病院で働きたいと言っても困難なのが一般的です。

特殊な事情がある職種なので、ここで説明したような現況を理解して就職や転職が可能かをよく考えてみましょう。

参考⇒大阪府の薬剤師求人・転職・募集 | アポプラス薬剤師https://www.apo-mjob.com/list/osaka